FC2ブログ
コンテントヘッダー

プリズミックデイズ

プリズミックデイズ (KCG文庫)プリズミックデイズ (KCG文庫)
(2012/04/28)
琴塚守里

商品詳細を見る
★★★面白かった
<正体を隠して新聞部で小説を連載していた高校生の恭一の目の前に、彼の小説の大ファンを自認する猪突猛進な少女・咲耶が突然現れた。彼を登場人物キースのモデルだと信じて疑わない咲耶の純真さに、つい「作者の朱原京は遠くに住んでいるオレの彼女」と嘘をついたことから、恭一の学校生活は思わぬ方向へ転がり始めてしまう。咲耶の憧れを壊さないようにと、彼女の親友・明日香と嘘を重ね、架空の存在・朱原京を交えた四人の交流が続く。彼女らの心に生まれるほのかな想い。少年少女の不思議な四角関係の行方は…。ピュアでまぶしいスクールラブストーリー。
これどこのギャルゲー?正確に言うと、ヒロインが3人しかいないギャルゲーという印象。あとがきで、作者さんがゲームシナリオライターということで激しく納得しました。挿絵も非常に女の子が可愛らしいです。

電波さんな天然少女咲耶・その親友のツンデレ少女明日香・主人公であり咲耶が敬愛してやまない小説の作者朱原京である恭一の交流のお話です。史子さんはサブヒロインと信じてる(え)
いつもの私なら当然のごとく天然ヒロインラブな訳ですが、今回は違いました。咲耶さん嫌いじゃないんですけど、ちょっと周りが可哀想だなぁと。勘違いしすぎというか鈍感すぎて、恭一が不憫すぎた。最後まで勘違いしたままだったからね。私は断然明日香を応援していました。可愛いよ、ツンデレ娘!一生懸命な女の子が大好きです。恭一も明日香を好きになれば、幸せになれるのに……。
主人公恭一は、運動部で友達もいて優しくていい人と大変リア充です。それなのに小説まで書いて校内新聞に連載してる上、可愛い女の子2人と恋愛フラグってどういうことだ。ダメだ、最近はがないとはまちの影響でリア充に僻みっぽくなった気が……。とにかく恭一は女の子が好きになってしまうのも、頷けるできる男の子でした。一途なのが、とてもよかったと思います。それだけに明日香が可哀想な訳ですが。恭一の親友神山は、THE・ギャルゲーの主人公の親友だった気がしてなりません。神山フラグはありませんか、そうですか……。

お姫様抱っこに大変トキめかせていただきました。ピュアでもどかしい青春話を読みたい時におすすめ。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

こわれた人々

こわれた人々 (ガガガ文庫)こわれた人々 (ガガガ文庫)
(2012/05/18)
高岡 杉成

商品詳細を見る
★★★面白かった
高校生・向井城介は、普段は人との交流を持とうとしない暗い少年。しかし、昔から「突然キレて上級生と殴り合いのケンカを始める」「プールの授業中に抜け出して女子の下着を盗む」など数々の奇行に走るために、学校中から「不安定な奴」として避けられていた。そんな城介の行動にクラスメイトの倉橋美冬は、3年前に不慮の事故で亡くなった母を重ね合わせる。最期まで母のことを理解できず助けてあげられなかった美冬は、城介に救いの手を差し伸べようとするが―。第6回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作。
想像していた方向性とは違ったけれど、これはこれで面白かったです。でも謎は謎のままなのが、モヤモヤ……。

奇行を繰り返す城介と、お母さんを助けられなかったことを今でも後悔している美冬の見えない敵(城介には見えますが)との戦いのお話でした。まさかファンタジー要素が入ってくるとは。いや、もっと心の病気的なものなのかと思っていたのですよ。そしてそこに(勝手に)期待していただけに、原因がわかった時は唖然としてしまいました。
お話は、城介と美冬の一人称が交互する形で描かれています。最初は美冬の視点で城介の異常な言動の謎を提示して、次の城介の視点で理由がわかるというような感じです。私は大丈夫でしたが、視点が変わるのが苦手な人は注意が必要かもしれません。

城介は、過去のトラウマから一人で戦い続けている男の子で性格は人間不信気味。美冬は、心優しい女の子です。最後の美冬の啖呵とビンタ炸裂にはびっくりしましたが。対話で解決するかと思いきや、まさかの直接攻撃でした。すれ違いまくっていた主人公二人が、わかりあう最後の方の展開は熱かったです。
一番好きだった登場人物は城介の従姉の時江姉ちゃんでした。とにかくカッコよかった。
コンテントヘッダー

明日から俺らがやってきた

明日から俺らがやってきた (電撃文庫)明日から俺らがやってきた (電撃文庫)
(2012/02/10)
高樹 凛

商品詳細を見る
★★★★好き!
推薦入学して女の子にモテようか、それとも良い職に就くために上を目指して大学受験しようか──。青春もなく進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に未来から“俺”が時間を超えてやってきた! しかも二人も!! チャラ男とガリ勉の桜井真人……って本当に俺かよ!? 同じく進路に悩む『氷の女王』こと高瀬涼と仲良くなった俺はこれからある決断をすることになるが……。ちょっと大人になった“俺ら”とおくる未来系・青春ラブコメ!(……なのか!?)
これはいいラブコメ。

さて今回の電撃小説大賞の中のあらすじで、一番惹かれたお話だったので読んでみましたが大正解だった。とても面白かったです。本当いいラブコメ。
進路に悩んでいた主人公真人の前に現れたのは、未来の自分(しかも両極端な二人)しかも片方は推薦を懇願し、片方は受験を懇願してくる。更に悩む真人は高瀬涼という女の子と仲良くなるけれど、やっぱり進路は決められなくて……というお話。とにかく出てくる女の子が可愛いです。特に涼は激しく可愛い!何、この子可愛すぎるレベルです。

主人公真人は、たまに無駄にカッコいいことを言う男の子です。無意識に女の子のトキメキワードを言っちゃってフラグを立てちゃう主人公らしい主人公です。未来からやってきた真人、チャラ男とガリ勉バージョンがあるのですが、人間ってここまで変わる?という程の違いっぷりが面白かった。真人3人のやり取りは、ひたすらにコメディでした。
そして私の一押しはメインヒロインである高瀬涼です。最初は冷たい女の子と思われてしまっているのですが、本当は感情表現が苦手なだけの可愛い女の子です。最近アクの強いヒロインものが多かったので、チョップとか可愛いなぁと癒されました。彼女が幸せになれればなんだっていいです。頑張れ、真人。クラスメイトのゆかりもいい子でした。本当友達思いな素晴らしい子です。涼の妹の優も可愛いです。不幸な片想いフラグが立っていますが……。

どんな未来だってそれを選んだのは自分自身だから。彼女を選んだのは自分なのだから、一番に彼女のことを信じなくちゃいけない。踏み出そうとする決意次第で、運命は切り開ける。彼女の笑顔を隣で見れる未来へ。中盤以降は、シリアスな展開でしたが夢中になって読んでしまいました。最後の告白のシーンがとても好きです。
コンテントヘッダー

人生 第2章

人生 第2章 (ガガガ文庫)人生 第2章 (ガガガ文庫)
(2012/04/18)
川岸 殴魚

商品詳細を見る
★★★★★最高!
夏。第二新聞部の赤松勇樹は、部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーのメンバーで合宿に行くよう命じられる。しかたなく理系担当の梨乃、文系担当のふみ、体育会系担当のいくみの三人にメールで打診するも、三者三様に断られてしまう。しかし彩香は、第一新聞部の活動に対抗しているようで、夏の海をあきらめない…。友情、貸金、盗用、性欲、勝負のこと。第二新聞部の新コーナーは大反響!みんなの相談に答えるのは、志乃、くみ、よしたかの三人…って、オマエラ誰だよ!?超☆感覚・人生相談2回目!行くの?合宿。
期待を裏切らないコメディっぷりでした。4コマのうずら可愛すぎる!あ、前回の謎だった梨乃がメガネをかけていない時がある理由が判明しましたよ。

さて今回はみんなで人生相談合宿(?)へ行こう!のお話でした。ヒロイン3人の個性が良くでていて楽しかったです。人生相談は全て募集したものの中からのもの。はまちの作者渡さんやラノベ作家のみなさんの相談もありましたが……。渡さん面白すぎます。リアル八幡すぎる。

私は最後の夢が持てないという相談に、大変共感してしまいました。いくみの回答には心から拍手です。積み重ねってすごいと思うのですよ。どんなに小さなことでもね。基本的にとんでも回答がほとんどですが(コメディだからね)、たまに参考にできそうな回答が混ざっていたりいなかったり(どっちだ)
赤松君は前回大変空気…いえ地味でしたが、今回は…今回も地味ではありましたが彼がいい人+年頃の男の子なんだなぁというのがわかりました。ヒロイン3人でいうと、今回はふみメインの印象。私はふみ大好きなので嬉しいです。ライバルキャラクター達も登場しました。毒舌を通り越している志乃、おっぱい担当Gカップくみ、チンチクリン坊主よしたか+第一新聞部部長のナルシスト浅野です。元々ヒロイン3人がとても個性的なので、女の子は霞んでしまった印象。よしたか君と浅野の印象しか残らなかった。そして男子キャラなのに全然ときめかなかった……(笑)
今回の一番面白かった回答は、渡さんの相談新人と同期を効率よく潰すには?に対してのふみの答えけん玉ラノベがくると編集長が言っていたと吹き込むでした。いや意外ときちゃうかもよ、けん玉ラノベブーム。私はきっと買っちゃうよ。

『人生を輝かせてくれるのは人であり、大切な人と過ごした時間。だからこそ、大切な人と過ごした日々は私の人生の宝物です』人生相談の答えとしては少し綺麗で青臭すぎるかもしれません。でも、私はこの回答が好きです。続きが楽しみです。
コンテントヘッダー

竜と勇者と可愛げのない私

竜と勇者と可愛げのない私 (電撃文庫)竜と勇者と可愛げのない私 (電撃文庫)
(2010/02/10)
志村 一矢

商品詳細を見る
★★★面白い
優秀な能力をもちながらも、平民だというだけで周囲から疎まれる王宮魔術士のアンジュ。孤独に耐えるため心を閉ざし、可愛げの欠片もなくした彼女に与えられたミッションは、なんと世界を救うための魔王退治だった!?しかもコンビを組むのは、英雄といわれる家に生まれながら、血を見るのがダメという騎士のレックス。果たしてこれは、栄誉ある冒険の旅なのか、それとも単なる厄介払いか!?まったく息の合わない二人が繰り広げる、新感覚ファンタジーここに開幕。
女の子主人公と聞いて飛びついてみました。
主人公の女の子アンジュの魔王討伐冒険ファンタジー(始まり編)でした。お話は、大変王道な印象。女の子主人公の一人称で、読みやすかったです。

主人公アンジュが可愛いです。ツンツンしながらも、女の子らしいところも持ってる頑張り屋さんな子でした。最初は優秀な魔術師なのに平民というだけで、蔑まれ疎まれるアンジュが可哀想で可哀想で。そんな周りから守るために心を閉ざした結果、憎まれ口を言ってしまい『可愛くない』という言葉に傷つくアンジュは、可愛い女の子だと思います。ヒーローレックスは、素晴らしい身体能力を持ってるのに、トラウマと優しさから戦いを放棄した男の子でした。アンジュが勇ましい分ヘタレ部分が強調されてしまっていて、まだあんまりカッコいいところはなかったかなぁ。

お話では雨の夜が好きです。人からの優しさや好意に慣れていないアンジュが、レックスの優しさで涙を流すところは、切なくて苦しいでも嬉しい気持ちが伝わってきました。うん、アンジュは誰かに猫可愛がりされればいいよ。レックス、早くアンジュにメロメロになるんだ。

『あなたは何も考えずに前に進んでください。私がついています。そのために私はいるんですから』
最後のアンジュの言葉が男前すぎて惚れました(え)アンジュがレックスにデレる日を心待ちにしてます。レックスに可愛いと言われて照れるアンジュが最高に可愛かったので。
プロフィール

サキイカスルメ

Author:サキイカスルメ
性別 女
趣味 ライトノベル漁り
初めましての方はご案内を一読頂けると幸いです。

当ブログはリンクフリーです。コメントも大歓迎です。
読書メーター ツイッター

カウンター
カテゴリ
ご案内 (1)
ライトノベル (61)
一迅社文庫 (1)
一迅社文庫アイリス (1)
MF文庫J (1)
HJ文庫 (2)
ガガガ文庫 (5)
講談社X文庫ホワイトハート (1)
コバルト文庫 (3)
GA文庫 (1)
スニーカー文庫 (7)
スーパーダッシュ文庫 (1)
電撃文庫 (13)
桜ノ杜文庫 (1)
ビーズログ文庫 (7)
ファミ通文庫 (9)
富士見ファンタジア文庫 (3)
メディアワークス文庫 (3)
雑記 (2)
このラノ文庫 (0)
リンク
ランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる